2010年01月24日

離脱症状突入!!(2日目)

昨日と比べ、4時間しか眠れなかったが8時ピッタシに目が覚める。
寝覚めは爽快で、いい気分だった。
ところが・・・30分ほどすると、また離脱症状が襲ってきた。

理由もないのにイライラして、ソワソワする。
しかし、昨日ほどではない。
度合いで言えば、昨日は「誰か助けて!」と叫び出したくなるぐらいのパニックだったが、不快感は昨日の半分強ぐらいになってる。

しかし、今度はまた別の問題が・・・。
さっきから眠くて眠くてしょうがない。
whateverさんが「コーヒーは高確率でパニックを引き起こします」と親身にアドバイスしてくださったので、ホットのウーロン茶でしのいでるが、やっぱり眠い。
しかし、今眠ったら、睡眠リズムがメチャメチャになる。
耐えるしかない。


ふと思い返してみると、数年前、一年間クスリと名のつくものを一切断薬していた時期があった。
あの当時でもかなり大量に飲んでたはずだ。
いきなり抗不安薬も睡眠薬も何もかも断薬して、あの時、私はどうやって離脱症状を乗り越えたのだろうか?

当時つけていた日記を読み返してみると、やっぱり「頭の中が詰まったドブのよう」「とにかくだるい」「無気力」と書いてある。しかし、それ以外に目立った記述は見当たらない。
離脱症状で苦しんでいる過程がスッポリと抜け落ちている。
多分、四六時中寝てたんだろう。
あの時はまだ大学生だったし、一人暮らしだったし、単位もほとんどとってたので授業にも出なくて良かった。
日記には、だいたい「三ヶ月で離脱症状から抜けられた」と書いてある。
それからは精力的に就職活動もしている。

・・・改めて日記を見返してみると、自分のバカさ加減に呆れかえってしまう。
また同じ事を繰り返しているのだから。
しかし、あの当時は離脱症状でそんなに苦しんだ記憶がない。
逆にリタリンの離脱症状は、本当に苦しかった。
今でも記憶に焼き付いている。だから根治できたのだろう。

と、いうことは、今のこの不快感とパニック状態をよーく覚えておく必要があるってことだ。
ベンゾジアゼピン系薬物に依存すると、どういう事になるか、しっかり身体と記憶に刻み込んでおかなければならない。
『なんとなく寝てたら、離脱症状がおさまりました』じゃ、一旦回復したようでも、辛いことがあるとまた手を出してしまうだろう。
ベンゾジアゼピン系薬物依存症の恐ろしさを骨の髄まで染みつかせれば、根治につながると思うのだが・・・。
どうだろうか?

と、とにかく、今日も正念場だ。
気合いを入れてかからねば!
絶対に乗り切ってやる!


ランキング参加中です。よろしければ1日1クリックの応援よろしくお願い致します
ブログランキ
ング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by baron2 at 12:03| Comment(4) | 断薬進行状況 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは~

>改めて日記を見返してみると、自分のバカさ加減に呆れかえってしまう。

私も全く同じことを考えている、という前提で一言。(←何様だw)

「呆れかえっている」ということは、少なくともその時より今の自分が進歩しているという証拠ですよ!
決して同じ事を繰り返しているわけじゃないと思います。


あと、離脱症状はなければないほうがいいんじゃないかな。。

無意味に自分を痛めつける必要はないと思いますよ~
(そういう気持ち、痛いほどよくわかりますけど・・苦笑)


コーヒーについては、それが生きがいの方もいらっしゃいますからね。。

お茶は、色の濃い物(番茶やウーロン茶)の方がカフェインが少ないと聞きました。

緑茶はカフェイン強いみたいです。
個人的にも、飲みすぎると「ザワっ」ときます。

僕もウーロン茶ばっか飲んでますよ。
完全にダメと決め付けないで、お互い適度適当にやっていきましょう!
Posted by whatever at 2010年01月24日 16:58
なんか気になってまた来てしまいました。
私は現実忘れるためには、睡眠薬飲んででも二度ねしちゃうヤツですから。。そこまでしなくても、って思います。
そうなったのは自業自得でもないし(たまたまそういう状況でそうなっただけ)過去と同じ失敗に見えてもまた一つ上の学習経験だしそんなに責めないで下さい。
でもやっぱり独自の判断は危険かと。。心配してしまいます。
参考になるかわかりませんが「禁煙セラピー」どうでしょうか。タバコなので精神的な禁断症状とは違うと思うんですが。。依存症などに効果あるそうなので。古本屋で100円くらいで売ってますので見つけたら読んでみてもいいかな、と。
なんか矛盾するような意見ですがさらっと聞き流して下さい。でわでわ。
Posted by まる at 2010年01月24日 21:01
whateverさん>

こんにちは、whateverさん。

進歩・・・してるのでしょうか?
確かに感受性などは少しずつ元に戻ってきてるのを感じてますが、貴重な二十代前半を薬物で台無しにしてしまったというのが悔やまれてなりません。

でも、過去のマイナス面にばかりとらわれても、いいことはひとつもないので、「反省」はしっかりしておいて、これからの将来への糧にはしたいと思っています。

>無意味に自分を痛めつける必要はないと思いますよ~

すいません(汗)。
また、私の悪い性格「完璧主義」が出ていたようです。
いきなりコーヒーを全然飲まなくなったりとか・・・気をつけなくてはなりませんね。(本当はコーヒー大好き人間なんですw)

>完全にダメと決め付けないで、お互い適度適当にやっていきましょう!

whateverさんには、いつも励まされ、助けられ、本当に感謝してます。
そうですね!「適当」をキーワードに、頑張っていきたいと思います。

貴重なコメント、ありがとうございました!
Posted by 管理人@baron at 2010年01月25日 12:02
まるサン>

こんにちは、まるサン。

>なんか気になってまた来てしまいました。

大仰かもしれませんが、いつもこんな私のために、閲覧して下さり、コメントまで残していただいて、感謝にたえません。
ありがとうございます!

>過去と同じ失敗に見えてもまた一つ上の学習経験だしそんなに責めないで下さい。

私は、自分が「ヤク中」だという自覚が全然足りなかったんです。だから、こんな有様になっている。「俺はヤク中だ!」という事を死ぬまでしっかり自戒してないと、必ずまた同じ過ちを犯してしまいます。

しかし、まるサンのおっしゃるとおり、「自分をむやみに責める」のは、やめておこうと思います。自信をなくして、苦しむだけですから。
「反省」だけは思いっきりしようと思っています。

>「禁煙セラピー」どうでしょうか。

実は、数年前、私も読んだことがあります(苦笑)。
あの当時は、薬漬けだったので、全然感じ入るものがなかったんですが・・・今なら、全く別の視点で読めるような気がします。本棚から引っ張り出して読んでみようと思います。

数々の助言、本当にありがとうございました!
Posted by 管理人@baron at 2010年01月25日 12:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。